甘草
草(かんぞう)は、息苦しさの防止、解毒、のどの痛み止め、去淡(きょたん)、
消炎、神経痛の鎮痛(ちんつう)などに効き目があります。
漢方でも緩和、消炎、解毒薬として、のどの痛みや消化器のかいよう、食中毒などに用います。
炙甘草(しゃかんぞう)は、虚弱体質の場合に用います。
食欲不振、腹痛、せき、発熱、下痢などに用いられます。
甘草(かんぞう)、炙甘草(しゃかんぞう)は、ほとんどが漢方処方に配合されますが、
甘草(かんぞう)を単味で去痰薬として煎じて用いる場合もあります。