鳴子百合
黄精(おうせい)は強壮薬として病後の衰弱者や慢性病、リューマチ、痛風などの体の弱っている場合に用いますが、
ナルコユリの茎葉も同様に滋養強壮に用いることができます。
1日量に10〜20グラムを適量に煎じて飲用します。
ただし、一度に大量に用いたり、長期間連用すると副作用がある場合がありますので適宜の用い方が必要になります。
ナルコユリ酒:根茎(こんけい)200グラムに砂糖を同量と、ホワイトリカー1.8リットルに漬け込みますが、
熟成には6ヶ月以上かかります。
これをこして、1回量を200ミリリットルとして1日3回食間に服用します。
滋養強壮、体力増強に効果があるとされています。